--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/22 (Sat) 許すことのできない悲しみ 信じることのできない苦しみ
20年前の今日、私は女の子を産んだ。
愛する夫の子。幸せだった。
通常より少しだけ大変だったお産。
夫が希望しなかったし、仕事の都合もあり、
立ち会ってはもらえなかったけれど、夕方駆けつけた夫の
「お疲れ様 ありがとう」の言葉に涙した私。
あなたの目にも、光るものを見たのに、
まさかこんな日がくるとは考えもしなかった。
なぜ?
なぜ?
心が砕け散ったよ。ガラスみたいに。
欠片を集められるかしら。
死にたくなるほどの悲しみってあるんだね。
眠れなくて 眠れなくて 
やっと眠りについても 夢で苦しみ
目覚めて泣いたいくつもの朝
忘れられる日が来るの?
あなたはまだ彼女を愛してるというのに
私はどうすればいいの?
消えてしまいたいよ。
思考を止めたい。
恨みや憎しみの感情に潰されてしまいそう。
スポンサーサイト

2006/04/29 (Sat) 心の中のモヤモヤをぶちまけたいのに
ブログを立ち上げたものの、PCは初心者だし、
うまく自分の気持ちを言葉に出来るか不安だった。
それに・・・私の抱えている問題は、
同じ夫の不倫で苦しんでいる方たちとは少しだけ異色な気がする。
まず、私の年齢。他のブログの方たちはお若い。
皆さん30代から40代? 
私は54才。まさか・・・でした。
でも50男の不倫は多いらしい。
しかもいつまでも男の方が引きずるそうな。
不倫を恋、しかも純愛と勘違いして、思い込んで。
夫は私より4才年下で、相手の女性は30才?。
このブログを立ち上げた時に書いた娘が、先日20才に。
自分より娘の年に近い女と・・・。
相手の若さが私を打ちのめし、
夫の言動が私をズタズタに切り裂きました。
自分の気持ちを整理しながら、
夫婦の再構築をしたいと思っていたけれど、
今、離婚という言葉が二人の間に立ちはだかっている。
この年で恥ずかしいのかも知れないが、私は夫を心から愛している。
結婚してから23年、この気持ちは少しも変わっていない。
でも夫が愛しているのは、私ではない。
この問題が発覚してから何度も何度も言われた。
「あなたへの気持ちはない。
 全くなくなったんだよ。
 彼女を好きなんだ。」
残酷で冷たい言葉。
私の心は壊れました。
こんなことになる前に、私たちには大きな問題がありました。
「その問題」が引き金になったと夫は言います。
でも私には、納得がいかないのです。
なぜなら、ずっと前から、
私にとってはもっと辛い問題を抱えていたから。

2006/05/02 (Tue) 愛されたい それだけなのに
今晩から主人の実家に行くことになった。
本来なら私は足を踏み込めない場所。
踏み込みたくない場所。
以前は結構遊びに行き
一人暮らしの義母と楽しくお喋りしたあの家に
また行くことになるとは思わなかった。
一昨年まで住んでいた
義母の住まいのお隣の県に、連休を利用して遊びに行くことになり
ホテルを予約していたのだが、義母が急病で入院したため
急遽ホテル代を節約して(ケチってとも言う)
夫の実家に泊まることにした。
非常に複雑な気持ち・・・。
私は夫の姉妹達から(姉二人、妹一人・・・!)離婚を迫られたのだ。特に一番上の義姉夫婦。
私が一番尊敬し、大好きだった夫の一番上の義姉と義兄。
そこには、これから私の心の整理をするために
見つめ直して行かなければならない私の恥部がある。
でも、私はただ息子を助けたかっただけ。
と言うより、その時私を必要としてくれたのが息子だったから。
23年前、私は小学校3年生になろうとする息子を連れて夫と再婚。
夫は初婚だった。双方の身内から反対されたけれど、大恋愛での結婚。
それなのに、今 夫には私ではなく愛する女性がいる・・・。
そして、8年前から私たちは セックスレスだった。

2006/05/12 (Fri) 惨めな思い・・・そして楽しい時間
連休が終わり、平常に戻ったけれど、中々PCに向かえなかった。
今日までのことを書くのが辛かったから。

2日の夜遅くにこちらを立ち、夫の故郷へ。
夫と私と娘の三人。それから愛犬も一緒に車で移動。
連休にどこかへ行きたいと言い出したのは私。
日常から離れ、日常と違うことをしたかった。
夫とともに。
まさか、夫の実家へ行くことになるとは思わなかったけれど。
道中は楽しかった。
狭い車の中で、私のすぐ隣は運転中の夫。
私のひざの上には、愛犬が丸くなって眠っている。
後ろの座席の娘は音楽を聞きながら携帯でメールをしている。
何処から見ても、普通の家族。
私が抱えている深い苦悩は誰にも分からない。

何から書いていいのやら・・・

2006/05/25 (Thu)
鬱になってしまった・・・。
長い間ブログを更新できずにいた。
自分の思いを言葉にしたいとPCに向かいたいのに力が出ない。
まるで体の中のエネルギーがなくなってしまったかのよう。
昨年の12月、大きな問題を抱えていた上に
もしかして・・・と、ずっと不安だった夫の不倫が事実と分かり
だんだん食事が取れなくなり、
一週間近く、水分しか口に出来ない時もあった。
どんどん痩せていき、体が辛くなってきた。
精神的にも限界に近づいていたと思う。
私の、これまでの人生の中で、まさに激変のとき。
年末、問題を整理するためにカウンセリングを受けた。
ほんの少しだけ気持ちが楽になったと思えたのは
誰かに気持ちを聞いて貰えたことに依るのだろうか。
1月には同居している私の母が、突然寝たきりとなり
介護が必要となった。
抱えていた事情から、仕事も始めなければならず
何もかもが悪い方へ悪い方へと向かって行った。
体の疲れもピークに達し、それなのに眠れなくなった。
苦しみもがき、どうにもならずに心が荒れていった。
夫との間で『離婚』のあり方で揉めていた時期だった。

10日にやっと病院へ行った。
もう限界と思い、連休前に予約を入れておいた。
診断はやはり『鬱病』だった。
安定剤と抗鬱剤を処方され、服用している。
昨日から抗鬱剤が増え、少し力が出てきたような気がして
やっとPCに向かうことができた。
勝手にリンクさせて頂いた方のブログは、時々拝見し、涙していたが
自分のブログを更新する力はなかった。
コメントを頂いた方へのお返事の仕方も、まだはっきりと分からず
これからも毎日更新することが出来るかどうか自信がないけれど
続けて行きたいと思っている。
家庭を、家族を、夫を取り戻したいから。

プロフィール

片羽根・・・

Author:片羽根・・・
FC2ブログへようこそ!

疑いもしなかった愛する夫の不倫。片羽根をもがれ、心が砕け散ってしまった・・・。その欠片を、一つづつ探し集め、愛という接着剤で繋ぎ合わせることが出来るだろうか。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。