--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/04 (Sun) 夫のこと 私のこと そして結婚
娘が小学5年生の夏、夫の転勤が決まった。
学期途中でもあり、娘がお友達と一緒に
この学校を卒業したいと望んだので、
私たち家族は後から彼の元へ行くことにした。
それまでは、土日にはほぼ毎週帰って来てくれる。

「ほぼ」というのは、転勤先のお隣の県は彼の故郷。
そこには彼の母親が一人で暮らしていた。
その近くには、彼の一番上の姉の家庭もあった。
お隣の県とは言え、車を飛ばせば1時間半くらいで着く。
土日に泊りがけで母の様子を見に行くのだ。
夫は四人きょうだいの三番目。
姉二人、妹一人の女性ばかりの家族の中の、たった一人の男性。
彼が小学2年生のとき、父親が亡くなった。
そのあとは母の手一つで子供四人を育て上げたのだ。
彼曰く、貧しさの中で育ち、生きてきた家族。
だからだろうか、女達の結束はとても強い。
女ゆえだろうか。
あとになって私は、この結束に苦しめられることになった。

彼との結婚を決めた時、私の身内も友人達も大反対だった。
彼の故郷の土地柄というか気質(女性がとても強い)、
家族構成と彼の若さ、
そして私には、まだ小さな一人息子がいた。
実家は商売をしていたため財産はあり、生活には困らない。
私が結婚したいと言った時、周りの反応は、
「今更なぜまた結婚を・・・」だった。

私は息子が生まれて半年目に離婚したのだ。24才だった。
相手の不倫によって。しかも数人の女性がいた。
そのうちの一人は結婚前から続いていた。
苦しみぬいた挙句、私は離婚を選んだ。
それから8年間、私は一人だった。
男性不信の塊りで、どんなに素敵な人の誘いにも応じなかった。
二度と結婚もしないつもりだった。
雑貨と喫茶のお店もやっていたし、
親の傍で、息子と二人で十分幸せだと思っていた。

そんな私だったから、夫と知り合ったあとも
夫を一人の男性として意識するようになるまでに
少し時間がかかった。
ましてや彼は年下だったし。
息子が彼にとても懐き、「ママたち結婚して」と無邪気に言うまでは。

それからだった。
彼は私の中で一人の男性として存在するようになり
好感が愛へと変化していった。
夫も同じだったと思う。
初めて彼と結ばれたのは、何度かデートを重ねた後、
お酒を飲みに行ったその夜。
彼に強い力でリードされた格好だったが
私も望んでいなかったと言えば、嘘になるだろう。

だから、一番辛かったのは、私たちの結婚を望んだ息子が、
いざ決まると、「ママ、結婚しないで。ママを取られちゃう」と
泣き叫んで反対したこと・・・。
でも夫も私もお互いを求め、別れる事は考えられなかった。
今は反対していても、
息子にも、男として育つ過程に、
父親という存在が必要になる時期が必ず来る
そんな思いも私にはあったし、
夫も、「自分も父親がいなかったから、
彼の気持ちを分かってやれると思っている」と力強く言ってくれた。

幾度かの危機を乗り越え、私たちは結婚した。
間違いなく、私たちは心から愛し合っていた。

一度目の結婚で、不倫により、私がどれほど傷つき打ちのめされ
苦しんだ挙句に離婚したかも、全て知っている。

それなのになぜ、どうしてあなたが不倫なんてしたの?
何があっても、どんなことがあっても不倫は最低の、本当の裏切り。

あなたは、私のしたことが原因だと言う。
私は自分のしたことが間違っていないとは思っていない。
でも、その前に、あなたが私にしたことは・・・?

8年間のセックスレスは地獄だった。
あなたに分かる?
何度かあなたに理由を聞いたのに、
あなたは私と向き合ってはくれなかった。
一人で苦しみ、寂しくて寂しくて
どれほどの孤独の中にいたか。
一人の孤独も辛いけど、
二人でいるのに孤独なのは、凍りつくような辛さだったよ。

何もかも、ここから始まった気がする・・・。

スポンサーサイト

comment

アカネもレス7年でした。人に相談できず、ただただ、苦しみをひとりで背負っていました。今でも夫とはしていません。
でも、夫のおかげで、アカネは生まれ変わって、人生楽しく生きています。
片羽根さんの幸せを願います。
2006/06/08 06:39 | URL | アカネ [ 編集 ]

私も愛する人、信頼している人に裏切られるのがこんなに苦しいなんて初めて知りました。
片羽根さんは二度もこんな辛い経験をされたのですね。
胸が痛みます。涙が溢れてきました。
いつか笑える日が来る事を信じていきましょう。
2006/06/09 21:53 | URL | あじさい [ 編集 ]

不倫という選択肢を選んだことのある自分の言葉は
片羽根さんには何も響かないと思いますが
ここから進むのなら 誰かが誰かを責めても始まらない
それだけは言えるような気がします。
リンク貼らせてくださいね。
2006/06/26 22:49 | URL | 春待ち [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://katahane.blog63.fc2.com/tb.php/6-f1634b7d

プロフィール

片羽根・・・

Author:片羽根・・・
FC2ブログへようこそ!

疑いもしなかった愛する夫の不倫。片羽根をもがれ、心が砕け散ってしまった・・・。その欠片を、一つづつ探し集め、愛という接着剤で繋ぎ合わせることが出来るだろうか。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。